東京で家政婦さんを紹介してもらいました

東京に2世帯住宅で義父母と私達夫婦一家4人で住んでいる主婦です。数年前、義母が手術を要する病気で入院しました。義母は大の病院嫌いに加えて、健康には絶対の自信を持っている人だったので、普段は病院とは無縁の生活です。そしてアルツハイマーも患っていることが発覚しました。極度の貧血状態でしたので、輸血をしなければいけなかったのですが、輸血のチューブを抜こうとしたり、点滴をおとなしく受けさせない、「早く帰りたい」と昼夜関係なく叫ぶことで、「病院では24時間患者に看護師をつけることはできません。ご家族の方が24時間付き添ってください。」と言われました。
当初は私が24時間ついていましたが、東京の私の家には他にも家族が生活しています。食事の支度、洗濯など、やらなくてはならない家事が山積みです。日曜日に主人に付き添いを代わってもらい、家事をこなしていましたが、私の体力も限界にきていることを感じました。
そんな時に友人から「家政婦」の提案を受けました。東京のとある家政婦商会に相談したところ、「週2回などで家事を代行することも可能だし、家事だけではなく、夜間の付き添いを代行することも可能です。」と言われました。
主人と相談した結果、1週間のうち、家政婦の方に3回来て頂くことにしました。義母が入院中という期間限定でしたが、本当に助かりました。